MODEL RUNNER BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 縮図

<<   作成日時 : 2012/11/21 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
平成24年11月18日(日)曇り
その日は長い一日だった。

■勝浦鳴海ロードレース

 一年ぶりにハーフマラソンに参加した。

 レース直前まで徹底してストレッチ。数週間前に足首をひねったばかりだ。今日ひねったらまずい。

 靴紐をぎゅっと結ぶ、 はずれないように。


■スタート〜中間地点

 スタート!

 先頭集団にとりあえず入っておく。だいたい1キロ4分20秒。これはかなり早いペース。心臓は多少鍛えたが実践は今日がはじめて。

 少しペースを落とし、1キロ4分30秒。少し早いが下り坂が長く続くし、ハーフマラソンだから心臓がもつかもたないかの問題だ。抜かれていくが中間地点(10キロの折り返し)までは力を温存する。

 中間地点までペースを落とすために少し考え事をすることにした。仕事のこと、家のこと、友達のこと、人生のこと。

 死んでしまった友達が一時的に住んでいた静養所をみて、さらに考える。

 人間とは何だ? 答えとは何だ?
 少し哲学者のマネごとをしてみる。

 まあ、そんな難しいことを考えてると少し走ることを忘れる。



■中間地点

 10キロあたりで前後のランナーを確かめる。それがコツみたいな時もある。

 前に女性ランナー。さっき俺を抜いた、いい根性だが息が荒い。

 横に男性ランナー。沿道の声援に「ありがとう」といいながら走る元気ランナー、彼の背番号は12。
 誰かと走ると少し楽になる。
 元気ランナー背番号12に話しかけた。

俺「元気ですね♪」
彼「いいペースですよね(^^) 4分30秒!一緒にゴールへ行きましょう」
俺「そうですね、どこまで行けるかな?」
彼「行けますよ、大丈夫(^^)」
俺「ここからは登り坂になる、きびしいな」
彼「向かい風にもなるのでお互いに盾になりましょう」
俺「着いていけなくなったら、そこでおわりか!」
彼「そういうことですね(^^)」

 二人の決意を決める。

 最初は俺が前。
 風がきつい。中間点をすぎたら飛ばすつもりだったから少し気合いを入れた。

 時計は1キロ4分10秒。
 早すぎる・・・。

 俺「あれ、早すぎましたね」
 彼「先に行ってください」
 俺「いえ、もう少し一緒に」
 すでに、あの女性ランナーは遥か後方、何人も抜き続けた。

 しかし、14キロすぎに俺の心臓が悲鳴をあげた。風を受けながらのスピードアップ。
 彼に盾になってもらったが心臓がおかしい。
 体の求める酸素と血液を心臓が送り出せていない。

 心臓が痛い。

 彼が何度も振り替えって僕を気にしてくれた。二人で一緒に走る方が楽なはずなのに心臓が持たない。

 心臓痛い。心臓止まりそう。

 俺「先にいってください、がんばって」
 彼は軽く手をあげて、エールを交わしてくれた。

 しばらく一人だ。



■回復する心臓

 風がきつい。
 一緒にゴールで笑えなかった。

 くやしい。
 くやしい。

 なぜついていけない。

 思い出す。
 俺の心臓は回復するのが早い。

 呼吸を整えろ!
 心臓を回復させろ!

 1キロ4分55秒に落とす。
 かなりペースを落とす。

 彼は視野から絶対離さない。
 背番号12、彼の背中の数字。

 思い出す。
 最初のフルマラソン。
 一緒にゴールしようと約束したランナーとゴールできなかったくやしさを思い出した。

 背番号12、彼とゴールしたら、きっと楽しい。たぶん友達になれる。

 彼との差はタイム差1〜2分。

 絶対に視界から離さない。
 ならばチャンスはある。


■向かい風

 彼に追い付くためには、彼より早く走らなければいけなくなった。

 ゴールまでは残り4〜5キロ。
 心臓を回復させつつペースをあげる。体のスペックを引き出せ!

 彼との間に5人くらいのランナー。

 1キロ4分10秒で悲鳴をあげた心臓。
 ならば4分20秒・・・このタイムにしなけれぱゴールまでに背番号12に追い付かない。

 間の名も知らぬランナーを勝手に向かい風の盾にする。
 人生と一緒だ。向かい風の時は誰かの影でそっと息を潜めることもある。

 耐えろ!
 負けねえ!
 あの人とゴールしたらきっと笑える。

 小さな思いが力になる。
 そんなもんだ。


■互いに助け合う

 ふと気づくと、彼の背中が大きくなってきた。
 僕がペースを取り戻し、彼がペースを崩したんだ。

俺「追い付いたぞ!(^^)」
彼「坂にやられました(>_<)」
俺「残りわずか、一緒に!!」

 二人ともだいぶ苦しかったはず。
 しかし、最後に僕が彼をひっぱることになった。

 途中まで彼に助けてもらった。
 最後の最後で俺が助ける!

 俺は「負けねえ!負けねえ!」とさけびながら走る。
 ゴール近くで友だちの声援もあった。

 すべてがエネルギー。
 前に突き進むエネルギーだ!


■ゴール

 競技場に入った。

 無事完走?あれ?トラックもう一周?

 俺「まぎらわしい!!まぎらわしいぞーー!(^^)」と叫びながらもう一周。
 彼がうしろにいるのはわかった、タイムは気にせず楽に走った。
 一緒にゴールしてみたかったんだ。

 ゴール!!
 1時間36分35秒!
 彼は37秒!!

 二人とも息をすることも苦しいか笑顔。
 二人とも40歳は越えている、おじさん同士だ。
 二人とも好記録を讃えあい、感謝しあった。
 「あなたがいたから」と。
 名前を教えあい、1月に別のレースで再会を約束した。

 マラソンは人生のようなもの。
 ペースが早い人も遅い人もいる。
 それでも人は走る。なぜ走るのかわからないけど、走る。

 時に仲間とともに走り、時に一人で走り、時に向かい風を誰かの影で堪え忍ぶ。

 つらいときはつらいと言って少し休む。

 友達と距離がひらいても、ソッと無言ではげましあう。

 言葉がなくても誰かをはげましている時がある。

 自分の体のことを理解し、体全体の能力を把握し、ぎりぎりまでスペックを引き出す。

 ゴールするまで、一緒にがんばろうと約束した友達と最後まで支え合い、笑う。

 このレースは人生の縮図。
 この一瞬が人生だ。
 このレースは忘れない。


(続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
縮図 MODEL RUNNER BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる