「矛盾」をかかえるキット

シグーディープアームズは、工作がおわり、塗装にはいります。シホ・ハーネンフース機として作るので、ベーシックなカラーリングをする予定です。 画像はないのですが、サーフェイサーはふき終わったので、コツコツやっていこうと思います。 サーフェイサーを噴く前から、ある程度きれいに整形しておいて、サーフェイサーを何度も噴くというのは、できるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の補給物資は歯ブラシ

今日の補給物資は歯ブラシ。鎌倉に行く用事があったのですが、たまたま見かけた「刷子(ぶらし)専門店」の「かなや刷子」というお店で、すごくいい歯ブラシを見つけたんです。 馬毛の毛質が硬いもので、これで、プラかすを履きやすいのではないかと。プラかすを掃く道具は、今も歯ブラシの硬めのやつをつかっているのですが、もっと硬い毛のやつを探していたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグーディープアームズ 関節にディティールをいれる

シグーディープアームズの製作はコツコツすすめます。 関節にモールドをいれてみました。先日買ったコンパスカッターがディバイダーと同じような使い方ができるのではないかと思ったのですが、うまくいきました。何かの面と平行にスジ彫りができるのです。 それを利用して、ヒザ関節を三分割するかのようなモールドをいれてみました。いい感じになったので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作タガネはいいよ

最近自作のタガネでモールドの彫り直しをしている。左が自作タガネ、右が普通の細工用カッターの刃の状態。細工用カッターの刃をひっくり返して、ダイヤモンドカッターなどで歯先を細くして使う。 超硬タガネは、とても性能がよい反面高額なのがネックです。ひとつひとつ職人が手作りしているので、やむを得ないところもあります。 しかし、セイラマスオさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の補給物資

今日は消耗品などを補給したのでさらします。 ミスターセメントSP 324円速乾流し込み系接着剤。作業が早くできるのがよい。 ガンダムダンダリオン 胴体 50円ダンダリオンをつくりたいのだけど、胴体は改造しようと思うので保険に。 SEED ドレッドノート 頭 240円アンテナをなくしていて、バンダイに部品請求したら欠品だったため。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグーディープアームズ 関節を彫り込む

シグーディープアームズのディティールアップをしています。 基本的な手順としては、まずシルエットと関節などを決めます。アトハメ加工は強度が落ちるのでしなくてもいいと思いますが、できそうなところだけやります。 このシグーの場合、肩関節のつけ方を変えています。膝のパーツも分割を変えてアトハメ加工しています。 それで、ディティールアップは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スジ彫りは「Y」字に彫るイメージで

シグー ディープアームズ製作記。肩パーツはアトハメ加工しているのですが、天面に無印1/144アストレイの手首のパーツを貼り付けて、ランナータグでパッチアップしました。また、胸部のスジ彫りも追加しました。だいたいは目見当でやってしまいますが、精度をだしたいところはコンパスで補助線を引いて、それを目安にスジ彫りをしています。 スジを彫るテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグーディープアームズ製作記

○1/144 HG シグーディープアームズ製作記 バックパックのパンが折れてしまったので、ナノブロックの接続に変えました。プラスチックに似た素材なので接着・削り加工などが容易にできます。娘の作ったナノブロックの作品のあまりを使っています。  腰の裏のスジ彫りを追加しました。20分くらいの作業です。ラインを鉛筆でだい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SEED MSV

ここ何日か、新たな補給物資はないのですが、コツコツと模型を作っています。 SEED MSVを作るのが楽しくなってきました。まず、シグーディープアームズです。肩の関節構成を変えてアトハメ加工もしました。ふとももで2mm延長。股関節を削って可動範囲を拡大。アンテナをシャープ化、長すぎると感じるので切り詰め。中途半端にグラグラする腰のポリキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の補給物資 綿棒

模型関係で買ったものは全部さらすというルールで、自分に課した課題、2日目です。 綿棒350本入り2個、計216円。 綿棒はこういう時に使います。○墨入れのふき取りティッシュも使いますが、綿棒も使います。 ○デカール貼りデカールを貼るときに筆ではなく、私は湿らせた綿棒で位置ぎめします。 ○塗装時塗装時に綿棒を凹ピンに差し込んだり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more