映画「インクレディブル・ハルク」

画像
■第7回プラモクリニック
平成24年8月25日(土) 11時~6時頃
ニッパー片手にプラモをパチ組みしましょう。お話しながらつくってみましょう(^^)


■映画「インクレディブル・ハルク」
 『アベンジャーズ』を見る前の予習として借りた。道頓堀火傷事件の夜に見た想い出の作品となったf(^_^;

 タイトルを訳すと、「信じられないほどの廃船」、巨大な船の化け物みたいな感じかな。

 ガンマ線を浴びたバナー博士は、怒りをキッカケに緑色の無敵の巨人、ハルクに変身する。普段は温厚でヨガなどで怒りをコントロールしているが、とにかく、一度怒ると何もかもぶち壊す。

 う~む、のちにアベンジャーズの一員となるようだが、暴れる巨人がヒーローと言えるのか?

 僕はこの作品を見て思ったのは、人間は誰でも怒りにくるったら、モンスターになるということだ。
 たまたまバナー博士はわかりやすく巨人になるが、僕たちだって、怒ると何かを破壊する。物にあたる場合もあるが、心を壊すことがある。

 怒りにはパターンがある。その怒りのパターンを知ることが人生を知るキッカケになるかもしれない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック