「第1回 悩める子羊たちよ プラモクリニック」を開催しましたよ

 先月中旬、イエローサブマリン千葉店さんから、「何かイベントをやりたいと思っているので協力してもらえないか」という働きかけがあった。

 交通事故の直後ではあったが、いろいろと考えていたことがあって、店頭で模型をつくり、いろいろな人に模型を普及するというイベントをやりたいという提案をした。店にも俺にも負担がかからないように、店頭にテーブルを並べてパチ組みをする。
 とにかく話しかけてもらえる雰囲気にするためにのんびりつくる・・・そんなイベントにしたいと考えた。ワンデーコンペのノリをゆるくした感じであるが、いろんなお客さんと話をするというのが、このイベントの特色としたいと思った。
 静岡にいる大学時代の友人のイベントもヒントになっている。まぁ、理由はいろいろだ。

■モデリングクリニック
 さて、そんなわけで、昨日「悩める子羊たちよ プラモクリニック」をやってみた。BENさんの息子のタモンくん(小学生)から、「なんなんだ、あのポスターは、ふざけてる」と軽くジャブをいただいたが、あの看板「面白いと思うか?」と言ったら、「うん」と。ポスターはインパクトが必要だ。
画像

 1時だ、僕とBENさん親子、のりさん、白石さんで、やりはじめた。僕はマスラオ、BENさん親子はダンボール戦機、のりさんはニューガンダム、白石さんはネモをパチ組はじめた。
 エスカレータ前ということで、多くの人がチラ見はするものの、なかなか人が話しかけてはこない。しかし・・・

■子羊たち
 最初のお客さんは女子高生二人組、買い物途中になんとなく立ち寄ってくれた。
 相談内容は、
 ・数学ができないのだけど、どうしたらいいか。
 ・タレントになりたいのだが、どうしたらいいか。
 ・ディズニーランドで働きたいのだが、どうしたらいいか。
 というご相談など。いきなり模型関係ないじゃん!
 しかし、僕は数学が得意なので、まぁ、ある程度の基本的な問題は答えまでおぼえちゃうとか言った。
 タレントは、うちも娘がタレントを目指していたので、タレント事務所に入ってレッスンしたらどうかと。
 ディズニーランドについては、イエサブのダイモンくんがやったことがあるのでフォロー。
 いまどきの女子高生二人と1時間近くいろんなことを話をしてしまった。お父さんがスカイツリーを作ってるとか、お母さんがモデルだとかいう話が面白かった。

 次のお客さんは
 ・僕はメガネや身に着けるものはみんなオーダーメイドなんだ、ものづくりって楽しいよね。
 ・あんたたちオオバカものだね(笑)、でもいいよ、夢中になれるっていいよ。
 と、大金持ちのオーラを出して去っていったおじさん。
 世界が違うオーラ全開だった。

 次のお客さんは、
 ・僕はガンダム好きなんです、この機体はわからない・・・?
 と僕が改造したティエレンを真剣に機体名を思い出そうとしていた。
 顔がアーマードコアだ、そんな機体はない。
 この人は、かなり熱くガンダムについて語っていた。
 スーツなので「仕事がえりですか?」と聞いたら「休日です」
 なぜ休日なのにスーツでカバンタスキ掛けなのだ???とかなり疑問。

 最後のお客さんは、小学校3年生のかわいいお嬢さん、YURIちゃんだった。
 ・LBXのかっこいい展示方法
 ・LBXの改造方法
 ということだったが、すでにかっこいい作品をつくっていたので、僕のマスラオのベースをあげたら、安定して展示することができた。改造方法は、すでにかっこよかったので、ほめておわりだった。その場で僕のホームページを紹介したら、お母様がipadをカバンから取り出してすぐに見てくれた。
 調子にのって、すぐに、彼女の作品をアップロードしてあげたら、とても喜んでいた。イエサブからも店頭サンプル用のLBXがプレゼントされた。とてもよろこんでいて、僕もとてもうれしくなった。
 その子のおばさんかな、仙台からたまたま千葉に来ていて「仙台でもこういうイベントがあればいいな」と言っていた。「いつか他の県でもやりたいと思っていますよ」といいました。
 YURIちゃんの作品「LBX ないとめあ」↓ 戦闘用ではなくて癒し系らしいです。
画像


 参加者のBENさん親子も、親子で模型をつくるということにとても喜んでいました。タモンくんは、その小学校3年生のYURIちゃんに、僕と一緒に一生懸命アドバイスをしていましたよ。
 本人も1日で「LBX ハンターキバ」を作っていました。エフェクトパーツなども使いながら、たくさん作品を作って、お父さんにたくさんLBXを買ってもらってよろこんでいましたよ↓
画像


 僕はマスラオを完成。ダブルオー系は肩の関節軸の設計とかが面白い。ミスターブシドーの機体、全部作りたいなー。
画像


■夜は夜で
 夜は、スズキさんと、unknownさんと、のりさんで、飲み会。みんなでいろんな話をしましたよ。
 unknownさんは、ネモが大好きでHGUCネモを2個も買ったけど、「バンダイの技術はこんなもんじゃない!」とネモ論を語っていました。
 みんな、いろんな価値観や考えていることが違うのが面白い。スズキさんの「僕は家族が友達」という言葉が印象的でした。
 いつものように11時まで盛り上がりましたよ。
画像


■ありがとう
 最近、交通事故にあっていろいろな方に迷惑をかけたり、ホームページの今後の運営など、いろいろなことを、漠然と考えたりしていましたが、反省するべきところは反省して、それでも、何かに向かって前に進んでいこうと思いました。前に進めば、またわかることがあるかもしれない。

 YURIちゃん親子の笑顔、BENさん親子の笑顔、誰かの普通の笑顔って、すごくありがたい。
 ありがたい、ってありがとう、ってこと。
 僕もとっても楽しかったですよ。
 みんなありがとね。

 ※本文中のお名前については、ご本人、ご両親に確認しています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

トモレイン
2012年04月22日 21:36
いつか、遠征して飾った言葉抜きで言いたい事言いながらのみたいなぁ
BEN
2012年04月23日 10:22
息子が生意気でホンマすみません。
最高のイベントでした。次回もまたお声かけて下さいね。
RUN
2012年04月23日 18:18
トモレインさん>会えるときは会えるし、会えないときは会えない。いつかいろんな話ができるといいですね、その時まで、それぞれの場所で。
RUN
2012年04月23日 18:22
BENさん〉息子さん、興奮したまま一日を送ったみたいですね。あたりまえの日常の中で、全然お金もかからない非日常。おもしろい一日でしたね。また、遊んでくださいね。
子羊YURIのママ
2012年04月23日 22:29
こんにちは!
先日は娘へのアドバイス、ありがとうございました!

パパ以外の大人にプラモデルのいろはを教えてもらうのは初めてで、娘もとても満足したようでした。

ベース(というのですね)やサンプルとは言え新品のペルセウスまで頂き恐縮しまくりでしたが、娘の楽しい誕生日祝いになって(お誕生日だったのです!)、私も嬉しかったです。

その後、娘のYURIは「女子のお友達にもプラモを普及させる!」と意気込んでおります。
お年頃になる頃には、プラモについて語り合う女子会ができるようになっていればいいなぁ、なんて思うママでした(笑)。

ではでは、こちらこそ楽しいひと時をありがとうございました。
またいつか、どこかでお会いできるといいですね☆
2012年04月24日 20:03
RUNさん先日はどうもです。

楽しかったです。
またやるときには呼んでください。
(いけるかどうかはわかりませんが・・・)

当日の写真宅ファイル便で送ったんですが届いてなかったですか?
RUN
2012年04月24日 23:27
子羊YURIのママさん>
 わぁ!YURIちゃんのママからの書き込みなんて、うれしい!
 おまけにYURIちゃんの誕生日だったなんて、ステキな偶然だったのですね!

 モデラー女子会、いいですね。YURIちゃん、すごく積極的な印象でしたので、これからが楽しみですね。

 またいつかどこかで、なんてありがたいです。
 今は「一期一会の気持ち」を忘れないようにしたいなと思っています。

 YURIちゃんが相談に来てくれた時、ホントはすごくうれしかったんですよ。YURIちゃん来てくれてなかったら、模型イベントとして成立したかあぶないところでした(笑)

 ホントにありがとうございました!
RUN
2012年04月24日 23:31
のりさん>
 わざわざ八王子からのご参加ありがとうございました!おまけにBENさんとご近所とわかって面白いですね。
 次は5月5日の1~6時でやることが決まりました。まぁ、毎回は大変でしょうが、ご都合つけば、またいらっしゃいまし~

 そうそう、宅ファイル便、届いてなかったよ。ごめんね。

この記事へのトラックバック