映画「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版」 「劇場版 仮面ライダーディケイド」

 日曜日に家族全員で見てきました。

映画「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版/天下分け目の戦」
 シンケンジャーは、もう終わっちゃうの?という感じでした。短い時間の中でそれぞれの個性を見せなければいけないのですが、持ち味を出し切れないまま終わってしまったのではないかと思います。ドラマパート少ないし。
 アクションはよかった、馬の上に乗ったまま、敵陣に突っ込んでいくところなどすごくかっこよかったです。僕は普段のシンケンジャーが面白いので、厳しい目で見ましたが、子どもたちは喜んでいました。

映画「劇場版 仮面ライダーディケイド/オールライダー対大ショッカー」
 仮面ライダー同士の戦いが息つかせぬ暇もないほど続き、面白かった。短い時間の中にあれだけの人数のライダーを詰め込んだせいか、一人一人の掘り下げが浅くて、そこはもったいない感じです。
 ストーリーは、よかった。仮面ライダーディケイドが仮面ライダーたる由縁がわかりました。僕の中で、ディケイドは仮面ライダーが持つ宿命を感じていなかったのですが、この映画を見て納得しました。テレビでは見られなかった士が見られて、よかったです。シンケンジャーとは逆ですが、逆にテレビ版にこの重いストーリーをぶち込んで欲しいと思いました。
 アマゾン、ブラック、電王は、テレビでもひいき目でしたが、映画でもひいき目でした。仮面ライダーアマゾンのインパクトはすさまじく、まさに「怪人」。仮面ライダーって、本当は、一瞬見た時に化け物みたいに見えるのがいいのかもしれない。化け物の姿をしているのに、人類の味方みたいな。でも、シンは、浮いていた、ちょっと気持ち悪い感じ(涙)
 そうそう、仮面ライダーWが登場。かっこよかったです。右半身と左半身で人格が違うなんて、これ高岩さんじゃないとできないですね。電王の時の経験が活きていると思います。今から楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック