模型技術「キャップオープナー」

画像
 今回も私が使っている道具を紹介します。

写真中の眼鏡みたいな形をしている道具「GSIクレオスMr.キャップオープナー」です。
その名のとおりキャップを開ける道具なんですが、RUN的には必要不可欠、気に入っている道具です。

GSIクレオスのラッカー塗料、ガンダムカラー、水性塗料だけでなく、タミヤのアクリル塗料もテコの原理で楽に開きます。

塗料のフタで、開きにくいのは、セイラマスオさんも使っているというGSIクレオスの水性塗料ですね、すごくかたくなるので、キャップオープナーなかったら開けるのが大変だと思う。セイラマスオさんはどうしているんだろ?

キャップが開かない時、以前はスキマにツールクリーナーをスポイトで流し込んでペンチで強引に開けていましたが、このアイテムの登場で作業効率があがりました。
いろいろ便利な道具に囲まれていると楽しく模型が作れます。

ホームセンターなどではキャップを開けるのに適したいい形のプライヤーとかペンチとか売ってますがお値段が高くて2000~3500円くらいかな。このオープナーは600円くらいですし、コンパクトなのがいいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック