長女の質問 「幸せって何?」

■幸せって何?
 仮面ライダーカブトの影響か、長女に「幸せって何?」「ショ・ミーンの幸せって何?」と聞かれた。「説明が難しいけど、うれしいことだよ」と言ったら、「じゃ、ラブアンドベリーとかふたご姫とかってことだね」と言われた。それはそういう意見もあるかもしれないけど・・・

■一心不乱に模型作り
 この前の火曜日は二女が風邪気味で、病院に連れて行くために仕事を休んだ。
 午後つれていくので、午前中はプラモを作る時間ができた。「金子辰也先生の模型クラブの課題」と「もしもしMSV」と「ラプター」をすすめた。誰にも邪魔されず、模型を作りまくる、これはこれで俺にとって幸せな時間の使い方だったりするんだが。昼飯も食わず模型作りをしてしまった。

■小児科病院にて
 保育園に娘を迎えにいってから、長女タマと二女ミズと僕の三人で病院に行った。みんなで絵本を読んで診療を待つ。
 そこに、昔、つきあった女性がこどもを連れて現れた。つきあったといっても、たぶん、二週間くらい、俺がふられたんだ。「なんで俺はこんなに短いつきあいで判断されたんだろう?」とすごく落ち込んだ思い出がある。俺もふられて、あとを追わなかったので、そこまでの関係だったんだと思う。いい人どうしであっても、人間同士が合うか合わないかは別の話なのだ。

■雨の中、俺を追いかけてきた二女
 さて、二女の診療が終わった。台風のような大雨で、とても二人を連れて外には出られない。最近は、病院と薬局が離れている場合が多くって、この病院もそうなっていた。
 長女に、「ちょっとここで待ってて」といい、受付のおねえさんに「ちょっと薬局いってきます、おもちゃで遊んでいると思うのでおいていきます」と言って、ダッシュで雨の中外に出た。かさをさせないほどの強風だったのでダッシュで突き抜けようと思った。すると、長女の声、「ミズー!」と叫ぶ声が聞こえた。振り返ると大雨の中、二女のミズがかさもなく、雨の中を走って俺を追いかけてきた。あわてて戻る俺。
 二女には説明しないで出てしまったのだ、それが原因で「パパがいなくなると思った。」ということだった。「ごめんねーミズー」と何度も誤った。結局、二女を抱いて傘をさして薬局に行った。
 薬局で、またさっきの女性とすれ違った。帰りがけに、うちが三人娘で、むこうが二人の男の子がいるなんて話だけをした。

■僕と出会ってくれたのは
 ふと、帰りがけの車の中で思った。「もし別の人と結婚してたら、娘たちと会うことはなかった」と思った。
 妻と結婚して、三人の娘たちが生まれた。娘たちと出会えたことが、今の僕にとって最大の出会いだと思った。出会いと別れと言うのは、その時その時判断していくことだが、娘たちが僕と出会ってくれて、一緒にいてくれることが、僕の幸せである。それはどこの家にでもある特別なことではないのかもしれないけれど、僕にとって幸せというのはそうした穏やかな日常だったりします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック