映画 「宇宙戦争」

 作品のアイディアづくりのために「宇宙戦争」という映画を見てみた。

○解説: H・G・ウェルズの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSF超大作。共演は人気子役のダコタ・ファニング、演技派ティム・ロビンス。スタッフも役者も一流ぞろいで、スピルバーグ映画史上最高額の製作費1億3300万ドル(約138億円)をかけた豪華エンターテインメント。オリジナルとは一味違うラストも必見。
 という映画である。

 トム・クルーズは超有名俳優だが、今回は最初は冴えない週末パパ。
 ダコタ・ファニングは「I am Sam アイ・アム・サム」でショーン・ペン扮する知的障害を抱えた男性の娘役でよく覚えている。
 ティム・ロビンスは、「未来は今」「ショーシャンクの空に」などで夢を持つ男の印章があるが、今回は狂気に満ちた男の印章を受けたが、さすがだ、大好き。
 「宇宙人が攻めてきたぞー」という映画は「インデペンデンス・デー」などいろいろあるが、今回の「宇宙戦争」もパニック映画の一つとして楽しく見ることができた。

○ザクや、ドムが連邦の基地を襲う時は、こういった「恐怖心」というのが出るような情景も面白いかなと思う。
○地面からトライポッドが出現するのはさしずめアッグが登場するところ、フェリーをひっくり返すところは、ゴッグがあばれているところ。
○また、宇宙人にとらえられる、というのも差し詰め、侵略者に捕獲されたシーン・・・などといろいろ情景物語が浮かぶ。

宇宙戦争 公式HP
http://www.uchu-sensou.jp/top.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック