MODEL RUNNER BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日のための一瞬

<<   作成日時 : 2012/12/01 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
平成24年11月月25日(日)快晴

挑むは三年ぶりのフルマラソン(^^)


○第1回富士山マラソン当日。

AM5:00、起床。
朝湯に入り、体を叩き起こす。

それから朝食。相席のドイツ人と言葉を交わす。英語だったが、実は日本語ペラペラらしい(^^)
話し相手、ありがとう、がんばりましょう!


○イメージづくり

朝食後、走る。これは自己点検のため。体の状態、気温、回りの環境を確認する。

イメージ作り。体の中に「大型ジェネレータ(エンジン、エネルギー発生器)」があるようなイメージ。俺の心臓は身体中に酸素と血液を送り込める、そうイメージするんだ。

富士山が白銀に輝く。
空気も澄んでいる。
いいコンディションだ。


7:45。出走30分前。
大広間の荷物置き場に宿泊者が集合する。
相部屋の仲間、露天風呂の好青年、朝食で仲良くなったドイツ人、みんなと「がんばりましょう!」と声を掛け合う。

僕の目標タイムは3時間30分以内。キロ4分40〜50秒で、42.195キロを走り抜ける計算。目指さなければたどり着けない。

AM8:00。
開会式。目標タイム別のゾーンに入る。不思議なくらい混乱はない。
(実は大きな混乱が別のところで起こっていた)

隣のおじさんや若者とマラソンの回数や目標タイムのことを話しながらスタートを待つ。

芸人デンジャラス・ノッチ登場。
「皆さんのおかげでオバマは再選を果たすことができました!政権安泰!ありがとうございます!Yes we run!」面白いな(^^)

5分前。おじさんたちと「がんばりましょう」と声をかけあう。

三年ぶりのフルマラソン。正直、スタートに立てただけで幸せだった。


○違和感

スターターは元俳優の菅原文太さん。
AM8:15
『パーン』と合図のピストル音。

最初は転ばないことが大事。1万6千人のランナーが走っているとアナウンスがあった。(あれ?エントリーは2万3千人じゃなかったかな?)

しばらく人波を掻き分ける。走れる状態ではない。ロスタイム。無理なコース取りで疲れる。

体が重い。
昨日眠れなかったせいだろうか?
最初から目標タイムどおりいかない。
この体の重さは何だ?

気持ちを切り替えよう。考え事をしよう。三年ぶりのフルマラソン。ここに帰ってくるのに時間がかかった。マラソン以外の思い出がよみがえる。

なぜか、いい想い出より悪い想い出ばかりがよみがえる。人生では必要な時に必要な人と出会うらしい。誰一人欠けても、何一つ欠けても今日一日が存在しない。不思議だ。

前に走る人も、後ろを走る人も、どうしてこのタイミングで僕と一緒になるのだろう?
なぜ富士山はここにある?
なぜ落ち葉はこのタイミングで散る?
奇跡的な確率、なぜだ?

俺をすべてが待っていた?
これから先に何が待っている?



○脳をだます

20キロまでは力を温存する。
少しゆっくりペース、1キロ5分をキープ。予定よりキロ10秒のロスだった。じわりじわり10秒が重くのしかかる。

富士山がキラキラ輝く。

この三年間で20キロ以上は練習でも走ってない。体がもつのだろうか?

23キロ地点。激しい登り坂が始まる。スピードが落ちる。体がきついが歩かない。歩くと心が折れる。

疲れていると感じるのは脳?
体が重く感じるのを脳が「疲れている」と感じる。ならば、脳に「楽しい」という情報を送ろう。

歩きそう・・・?

いや違う。
どうしたらおもしろい?
考えろ。

30キロをすぎた。
100人抜きするか?(^^)
攻めなければ新しいところに行けない。
おもしろく生きよう!

一人、二人、三人・・・30人くらい抜いた。「こいつらは俺に抜かれるために生きてきた!」そのくらいバカなことを考えながら走った。

さすがに少し疲れた。少し休む。またがんばる、抜いたり抜かれたり。

安定したペースのほうがいいに決まっているが、バカをしよう。ゆっくり走って少しずつ抜かれるより、走って休んでを繰り返した。
それのほうが面白いと思った。

35キロ、今度は急な下り坂。体の重さが膝にかかる。こんなところでペースを落とすわけにはいかない。小さく「ファイト、ファイト」と言いながら、ながいながい下り坂を突っ走る。


○足がつりそう、ピンチ

残り7キロ。どうってことのない距離のはずなのに、右足の太ももがつりそうになった。

寒さのせい? どうする? つったら終わりだ。どうする?

体を暖めればいいか!(^^)

スピードアップ。
俺の大型ジェネレータ!
燃えろ!燃やせ!
つりそうな足に血液送ればいいんだろ?理屈あってるの?
おもしろければいいや、つったら終わりだし!

全力だ。35キロ過ぎたら、みんな疲れている。僕だけじゃない。みんな仕事があって、家庭があって、いろんなことを抱えて走ってる。

みんな仲間(^^)/\(^^)

体と心を暖めろ!!


○ファイト、ファイト!

残り3キロくらいはとてもきつい。
1キロ6分に落ちていた。目標達成は無理そう。でも歩かない。何があっても歩かない。

目標なんてどうでもいいや。

今この1キロを全力で、
その次は次の1キロを、
そうしてるうちにゴールに近づく。
人生もそんなものなのかな?

残り1キロになった。大きな声で「ファイト、ファイト!」と走っていたら力が沸いてきた。

隣のお兄さんも「ファイト、ファイト!」と言って二人で走るようになった。顔を見合わせて笑いながら走った。

笑顔が戻ったら元気でてきた(^^)

二人で「ファイト!ファイト!」と次々抜いていった。楽しかったなぁ♪ 二人で笑顔でゴール。最後はキロ4分台に戻っていた(^^)

名も知らぬ友達とガッツ!
ガッチリ握手(^^)/\(^^)

3時間38分21秒。
ところどころのロスタイムが響いた。

しかし上出来!
生きてる感じがする!
この一瞬が大好き(^^)

30回目!
1回目からみんなつながってる!

この一瞬も明日のための一瞬!
今日の自分が未来の自分をつくる!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
明日のための一瞬 MODEL RUNNER BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる